スポーツ保険で骨折した場合の通院日数とは


スポーツ保険に入っていたときに、アマチュアのフットサルの試合
中に左足の中指を骨折してしまった友人がいました。

スポーツ保険に入っていたので、骨折した際の通院費が
かなり出ると考えていたようでしたが、実際はかなりの小額で
がっかりしていました。

では、友人はどういう点でがっかりしてしまったのでしょうか?

その友人の考えでは保険は「骨折の場合、初診から完治するまでの
期間日数分の保険がおりる」と考えていたようです。

スポーツ保険加入時に骨折し
実際に通院した期間は約1ヶ月間。
金額×30日分くらいは、保険がおりると考えていたようです。

しかしここにちょっとした落とし穴がありました。

スポンサードリンク

この友人の場合、実際に病院に通った日数は3日間。
さらに、中指のみギブスをはめたためギブスの対象外
判断されてしまったのです。

つまり、保険料×3日間=9,000円だけが
保険料としておりただけでした。

例えば、友人が足首までギブスしなければならず
会社まで通うのに松葉杖をつくなど、通勤にかなりの
困難をきたすとみなした場合には
さらなる保険料の支払いが考えられます。

意外にも、私たちが考える通院日数と保険で決められている
通院日数の判断に大きな違いがあることも
知っておいたほうがよさそうですね。


posted by スポーツ保険 at | スポーツをより楽しくするために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。