山岳保険で掛け捨てタイプってあるの?


山岳保険に入ろうと思うけれど、掛け捨てタイプの保険って
あるの?」

答えはもちろん「掛け捨てタイプもあります」。

では、どういった掛け捨てタイプがあるのでしょうか?

民間の保険会社でも昨今の山登りブームを受けて
山岳保険を取り扱うところが増えていますが
代表的な保険として、「普通傷害保険」と「国内旅行保険」
2タイプがあります。

普通傷害保険は、1年間の契約が基本となりますが
こども保険や積み立てプランなどとの組み合わせもできるのが
特徴です。

一方、国内旅行保険の場合は、登山期間にあわせてかけられる
保険です。

スポンサードリンク

どちらの山岳保険にしても掛け捨てタイプが基本となります。

ただ、ピッケルやアイゼンなどを使う、本格的な登山については
対象外になる保険もあるため、加入を検討する際に
確認しておくことが重要です。

山岳保険の掛け捨てで気になるのは保険料ですよね。

月々290円プラスという保険料なのが
au損保の「MYスマート保険」。
海や山に出かけるときにもしっかりカバーしてもらえるほか
ケガや持ち物の破損、他人への弁償なども
幅広く補償してもらえるプランです。

auユーザーなら携帯から申し込みもできるので
急にスケジュールが決まった場合でも
スムーズに申し込みが出来そうですね。


posted by スポーツ保険 at | 登山関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。